狛江駅周辺に新たな魅力を創出するため、狛江駅の駅前空間一帯で「こまえのほこみちイベント」を開催します。

ハンドメイド商品やこだわりの逸品を販売するマルシェブース、子どもたちが体をいっぱい動かしたり、アクセサリー作りを体験できるワークショップブース、市内飲食店が参加する飲食ブースなど、駅前がお楽しみ空間に変わります。

※イベント詳細は、「狛江まちみらいラボnote」(外部リンク)をご覧ください。

えきまちストリートマルシェ ※雨天決行・荒天中止

えきまちストリートマルシェ
※画像をクリックすると詳細ページを閲覧できます。

日時

  • 6月15日(土曜日) 午前10時~午後7時
  • 6月16日(日曜日) 午前10時~午後5時

会場

狛江駅南北自由通路、エコルマ側道内物販ブース

内容

アクセサリー、小物、植物、パン、焼き菓子等の物販、子ども向けのアクセサリー作り体験ワークショップ
 

えきまちビアガーデン ※雨天中止

えきまちビアガーデン
※画像をクリックすると詳細ページを閲覧できます。

日時

6月14日(金曜日)~16日(日曜日)
各日、午後4時~9時

会場

狛江駅北口噴水ステージ付近

内容

飲食ブース(市内の飲食店・キッチンカー)
 

えきまちわくわくランド ※スライダーは雨天中止・ワークショップは荒天中止

えきまちわくわくランド
※画像をクリックすると詳細ページを閲覧できます。

日時

6月15日(土曜日) 午前10時30分~午後4時30分

会場

えきまえ広場

内容

子ども遊びブース(ふわふわスライダー・ワークショップ・キッチンカーなど)

 

主催・問い合わせ

一般社団法人狛江まちみらいラボ

※イベント詳細や出店者紹介は、「狛江まちみらいラボ Instagram」(外部リンク)をご覧ください。

「ほこみち」とは

狛江市では、賑わいと憩いを創出する仕組みとして、令和5年4月に東京都内の区市町村で初の「歩行者利便増進道路制度(通称:ほこみち)」の道路指定を行いました。
令和6年4月に狛江駅周辺の道路改修工事が終了した区間において、「ほこみち」の一部運用を開始し、キッチンカーの出店、パンマルシェの出店イベント、休憩場所としてのベンチ設置等を通じ、楽しく、居心地の良い空間づくりを進めています。

※「ほこみち」とは、道路法改正(令和2年11月25日施行)により創設された「歩行者利便増進道路制度」の愛称を言います。

ほこみち制度を活用することで、道路上での設置が難しいテーブル・イス等やキッチンカーの設置が可能になるなど、道路占用の規制緩和を受けることができるようになり、道路空間に賑わいと憩いを創出することが期待されます。

※道路改修工事は、令和5~6年度の2カ年事業です。