狛江を流れる多摩川にちなんだ浮世絵と、その流れをくむ近代の版画32点を四章に分けて展示します。
 この展覧会は、平成27年度に開催した市制施行45周年記念事業「狛江市民花火大会」における川崎市との連携がきっかけとなり、実現に至りました。
 歌麿、北斎、広重などわが国を代表する絵師たちによる「多摩川づくし」を、川崎・砂子の里資料館(斎藤文夫コレクション)から選りすぐって紹介します。人々に豊かな恵みをもたらし、文化を育んできた郷土の魅力を、浮世絵を通してお楽しみください。
 ※10月22日(日曜日)に開催する連携講座「浮世絵あれこれ 多摩川と武蔵国を中心に」の募集は締め切りました。

開催概要

【開催期間】平成29年10月13日(金曜日)~25日(水曜日)

【開催時間】午前10時~午後4時30分(最終入場は午後4時)
      ※13日(金曜日)のみ午前11時から。
      ※混雑時、入場を制限する場合があります。

【会場】泉の森会館2階ギャラリー(元和泉1-8-12)
    ※公共交通機関をご利用ください。自転車での来場はご遠慮ください。 

【入場】無料

   

※クリックで拡大します

※クリックで拡大します