【募集は締め切りました】 

「【斎藤文夫コレクション】「浮世絵にみる 多摩川と武蔵国の記憶」(10月13日(金曜日)~25日(水曜日)、泉の森会館)の展示作品を中心に、当時の文化や庶民の情緒・風俗などを交えながら、浮世絵の楽しみ方を解説します。

 ※「斎藤文夫コレクション】「浮世絵にみる 多摩川と武蔵国の記憶」
 

開催概要

【日時】平成29年10月22日(日曜日)午後2時~3時30分

【会場】狛江市防災センター4階会議室

【対象】市内在住・在学・在勤の小学生以上の方

【定員】先着50人

【講師】斎藤 文夫(さいとう ふみお)さん
   ※元参議院議員で、現在も(一社)川崎市観光協会会長、(公社)川崎・砂子の里資料館館長など数々の職を務める。
    日本有数の浮世絵コレクターとしても知られ、平成13年に開館した川崎・砂子の里資料館では、自身の4千枚にのぼる浮世絵コレク
    ションから毎月テーマを決めて展示していた(現在休館中)。そして、今回狛江市で展覧会を開催するにあたっては、浮世絵を無償
    で提供してくださった。

【参加費】無料

【申込方法】9月20日(水曜日)から10月11日(水曜日)までに電話で、住所・氏名・電話番号・在勤(在学)の方は勤務先(学校名)を狛江市観光協会事務局(地域活性課狛江の魅力発信担当)へ。