東京2020大会に向けて、日本の伝統文化である着物を着てみませんか。
障がいのある人もない人も、誰もが簡単につけることができる「造り帯」のつくり方を学べます。
参加者を募集しますので、お気軽にお申込みください。

内容

自分の帯で「造り帯」をつくります。「造り帯」を使うと初心者や身体が不自由な方でも簡単に着物の着付けができます。「造り帯」は、帯を切らずに造るので、元の帯に戻せます。

 

実施日・会場

日程 実施日 会場
日程1

①6月6日(水曜日)

②7月4日(水曜日)

①防災センター4階会議室

②市役所4階 特別会議室

日程2

①6月27日(水曜日)

②7月11日(水曜日)

あいとぴあセンター4階 講座室
日程3

①6月30日(土曜日)

②7月14日(土曜日)

あいとぴあセンター4階 講座室

 

時間

午後3時から午後5時まで(全日程共通) 

持ち物

糸切りはさみ、指ぬき、袋帯(4m以上)または名古屋帯、帯枕、帯掲げ、帯板、帯締め、中肉のタオル

申込

「元気なパラリンピック応援団inこまえ」代表・鈴木まで電話(090-3691-0055)又はメール(fsuzu23@fsinet.or.jp)でお申込みください。