3月下旬から7月上旬はカラスの繁殖期です。多くのカラスが公園の樹木や住宅周辺の街路樹、庭木などに巣を作ります。
 例年巣のまわりで、人が襲われるなどの被害が多くなりますが、これは親のカラスが卵やヒナを守る行動のために起こります。
 カラスに襲われるなどの被害を少なくするために、身近なところに巣を作られないよう、次のことに注意してください。

  • 都会のカラスの巣の材料の大部分が針金式のハンガーです。カラスの巣を作りにくくするためにも、使い終わった針金ハンガーは必ず片付けるようにしましょう。
  • あき地や駐車場などでハト等にエサをやることは、カラスを誘う原因にもなりますので、自粛してください。
  • 営巣されそうな場所は、営巣しにくい(隠れにくく人目につきやすい)ように、枝木をせん定するなどの対応をお願いします。

 市では原則として、市が所有・管理する施設に巣ができて人間に危害を加える場合、巣を撤去するなどの対策を行います。民有地の場合は、その土地の所有者および管理者の責任で対応をお願いしています。

 

卵やヒナのいる巣を撤去するには「有害鳥獣捕獲許可」が必要です。

管理責任者の方で許可をお持ちでない方には、環境政策課では許可を受けた業者(小谷野造園・有料)の紹介を行っています。 

 

巣のある場所

管理者の連絡先

道路の街路樹や街路灯

電柱

東京電力㈱ 多摩カスタマーセンター

0120-995-662

都道

東京都 北多摩南部建設事務所

042-330-1802

市道

狛江市 都市建設部 道路交通課

公共施設等

市の公園

狛江市 環境部 環境政策課

その他の公共施設

各所管部署(各施設にお問い合わせください。)

住宅地

ビル・マンション

管理会社・管理組合など

個人の敷地内

土地の所有者が、民間事業者等へ直接巣の撤去を

依頼してください。