現行の耐震基準を満たす耐震改修工事を行うと、所得税の特別控除と固定資産税の減額措置を受けられる場合があります

【所得税の特別控除】

○所得税額の特別控除についての詳細は、武蔵府中税務署へお問い合わせください。

   〒183-8548 府中市本町4丁目2番地   電話042-362-4711(代)

 


 【固定資産税の減額措置】

耐震改修※を行った住宅に対する固定資産税(120㎡相当部分まで)を、以下の通り減免するものです。

耐震改修工事の完了した年月日

減額措置の内容

平成18年1月1日~平成21年12月31日

3年間

左記の期間、固定資産税を2分の1に減額

平成22年1月1日~平成24年12月31日

2年間

平成25年1月1日~平成30年3月31日

1年間

〔対象となる住宅〕

昭和57年1月1日以前から所在する住宅で、耐震改修工事費用が1戸あたり50万円以上であること。

〔申請方法〕

耐震改修工事が完了した日から原則として3カ月以内に、市役所の固定資産税係で手続きをしてください。

その際「証明書」が必要となります。

 ※ここでいう耐震改修とは現行の耐震基準に適合する改修工事を指します。

○固定資産税の減額措置ついての詳細は、課税課固定資産税係へお問い合わせください。