表題の記事におきまして、狛江市内の道路端の土壌で1キロあたり6420ベクレルの放射性セシウムが検出されたと報道がありました。
 市では、事実確認のため、平成24年6月6日午前10時より現場周辺の空間放射線量の測定を実施しました。民有地(多摩川住宅)に関しては、管理者に了承を得た上で計7地点を測定し、測定値については0.07~0.09μSv/h(毎時マイクロシーベルト)であったことを確認できました。
 対応としては、測定した結果が国が示している局所的汚染箇所への対処ガイドラインにおいて対応する範囲ではなく、また、関係機関に確認した結果からも、除染や立入禁止等の処置は実施いたしません。ただし、今回測定をした場所と同じような条件の側溝や落葉が堆積する場所等については、局所的に放射性物質がたまり、高線量が確認される場合(ホットスポット)があります。
 市民の皆様には管理されている場所の定期的な清掃等を実施していただき、局所的に放射性物質によって汚染された箇所を未然に防ぐために配慮していただけますようご協力をお願いいたします。
 市としましても、公共施設等に関して、引き続き側溝の泥の除去や落葉等が堆積しないよう定期的な清掃等を実施し、周辺住民の不安を払拭するために、適切な管理に努めてまいります。

 なお、最近、個人での簡易測定器を使った測定をされる方が増えております。測定する際には、測定場所の管理者や持ち主の方に承諾を得た上で行いトラブル等のないように、マナーを守って行ってください。
 また、異常な数値等でご心配が生じましたら、環境政策課にご相談ください。

 

■周辺の空間放射線量 

測定場所 空間線量(μSv/h) 天気 測定日 測定開始時間
地上高1m 地上高50cm 地上高5cm
民有地側溝1
(西和泉1-16)
0.07 0.07 0.08 6月6日(水) 午前10時
民有地側溝2
(西和泉1-16)
0.07 0.07 0.09
民有地側溝3
(西和泉1-16)
0.07 0.07 0.08
民有地側溝4
(西和泉1-16)
0.07 0.08 0.08
西和泉体育館敷地
(西和泉1-16)
0.07 0.08 0.08
根川通り側溝1
(西和泉1-16)
0.08 0.07 0.07
根側通り側溝2
(西和泉1-16)
0.08 0.07 0.08