狛江市安心で安全なまちづくり地域協議会とは?

 「狛江市安心で安全なまちづくり地域協議会」通称「安全協」は、「狛江市安心で安全なまちづくり基本条例」を推進するために、平成25年4月に設立された組織です。

 町会・自治会、防犯協会、防災会、交通安全協会、老人クラブ連合会、保育園、幼稚園、PTA連合会、青少年育成委員会、社会福祉協議会、民生委員児童委員協議会、商工会、市民委員、市職員など、地域で活動するさまざまな団体が集まり、狛江市を日本一安心で安全なまちにするために様々な取組みを行っている団体です。

 「狛江市安心で安全なまちづくり基本条例」では、狛江市を日本一安心で安全なまちにするために、以下の施策を推進することを定めています。

 基本施策:防災、防犯、交通安全、健康危機対策

 その他の施策:自殺防止、薬物乱用防止、虐待防止、消費者被害対策、暴力団排除、家庭内の事故防止、その他重大な脅威に対する施策

 

安全協チラシ [415KB pdfファイル]   

 

どんな活動をしているの?

〔平成25年度〕 

  • 絆フェスタを企画(台風のため惜しくも中止)

〔平成26年度〕 

〔平成27年度〕

 今後も、”日本一安心で安全なまち狛江”実現のために、推進キャラクターの安安丸と一緒に、様々な取組みやキャンペーンを行っていきます。  

 

10月25日は安心で安全なまちづくりの日

 市民の皆さんの安心安全に対する関心や理解を深めるとともに、自助・共助の取組みのきっかけとするため、狛江市安心で安全なまちづくり基本条例に基づく「安心で安全なまちづくりの日」を「10月25日」と定め、この日を中心とする期間に安心安全に関するイベントや啓発活動を重点的に行い、いつまでも安心して安全に暮らし続けられるまち-狛江を目指していきます。

<平成25年度の10月25日の取組み>

 狛江市防災センターの完成を記念し、来賓の方を多数お招きして完成記念式典を行いました。

<平成26年度の10月25日の取組み>

 狛江市役所前市民ひろば、狛江市防災センター、中央公民館地下ホールを使い、防災・防犯など幅広く楽しみながら学べるイベントを実施しました。

参加者:約480名(内 防犯講演会参加者 約150名)

主な企画:

  • 狛江市安心で安全なまちキャッチフレーズ表彰式
  • 防犯講演会(プロの劇団による振込め詐欺被害の再現寸劇)
  • 消防、警察、自衛隊の各種車両展示、救命講習、レスキュー体験
  • 誰でも簡単!警察署員が教える防犯護身術講座
  • 備蓄品試食、アルファ化米の炊出し

 1025-1 1025-2

1025-3 1025-4

1025-5 1025-6

 <平成27年度の10月25日の取組み>

【午前】市民一斉総合防災訓練

 狛江市内12カ所の避難所を一斉に開設する市民一斉の総合防災訓練を行いました。開設に当たっては、各避難所の避難所運営協議会の会員が中心となり、地域性を活かしたさまざまな訓練を行いました。

 安全協は、市民ひろばでブースを出し、防災訓練に参加した方へスタンプラリーのグッズを配布した他、エコバッグの配布による狛江みまもりキャンペーンの周知を行いました。

【午後】防犯パワーアップ講座

 「うさぎママのパトロール教室」武田信彦講師による「防犯パワーアップ講座」を開催しました。新聞紙の棒を使ったレクチャーなどを通して、不審者との距離の取り方や逃げ方などを楽しく学びました。