令和3年7月8日、東京都に対して「緊急事態宣言」が発令されました。
これを受けて、東京都では「新型コロナウイルス感染症緊急事態措置等」が示され、「まん延防止等重点措置」から「緊急事態宣言」に切り替わりました。
その後、政府は令和3年9月9日に新型コロナ対策本部を開催し、東京都に7月12日から9月12日まで発令した「緊急事態宣言」を延長することとしました。
東京都で9月9日に決定された「新型コロナウイルス感染症緊急事態措置等」の内容の変更はなく、9月30日まで期間を延長しているため、狛江市としても7月9日に決定された基本的対処方針を9月30日まで延長し、市内の感染拡大防止を講じていきます。

 

狛江市新型コロナウイルス感染症対策基本的対処方針

市内公共施設について

緊急事態宣言期間中(~9月30日まで)、感染予防対策を徹底して平常どおり開館します。

※ただし、夜間区分の利用を中止、または開館時間は午後8時まで等の一部利用制限を行います。
※その他一部利用制限等がある場合がありますので、詳細は直接各施設・施設担当課等にお問い合わせください。

公共施設の利用にあたっての注意
  • 入館・利用にあたっては、手指消毒、マスクの着用および最小限の会話の徹底をお願いいたします。
  • 市民活動等の利用については、責任者は参加者の会話等での飛沫防止および器具等の消毒に努めるようお願いいたします。
  • 共用スペースの利用の自粛をお願いいたします。
市関連のイベント・事業等の実施予定状況

緊急事態宣言期間中のイベント・事業の実施予定状況については、「市関連のイベント・事業等の実施予定状況」(サイト内リンク)のページをご覧ください。