7月8日付で国が緊急事態宣言の対象区域および期間を変更し、東京都に対しては4回目となる宣言発出となりました。宣言期間中は、下記の要請により人流を抑制して、感染拡大の防止が求められます。
当初、東京都における宣言の期限は8月22日となっていましたが、都内の新規感染者数が過去最多を記録するなど、感染拡大に歯止めがかからないことから、8月31日まで期間が延長されました。
その後、都内の新規感染者数や重症者数の増加などを受け、9月9日付で9月30日までの期間再延長が決定されました。

 

宣言期間

令和3年7月12日(月曜日)0時~9月30日(木曜日)24時

東京都の要請内容

都民の方へ

日中も含めた不要不急の外出・移動の自粛を要請(新型インフルエンザ等対策特別措置法第45条第1項)

医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い出し、必要な職場への出勤、屋外での運動や散歩など、生活や健康の維持のために必要な場合を除き、原則として外出しないこと等を要請

特に、以下のことについて徹底することを要請(法第45条第1項)

  • デルタ株に置き換わりが進み、急速に感染が拡大していることを踏まえ、混雑した場所等への外出を半減すること
  • 20時以降の不要不急の外出を自粛すること
  • 外出する必要がある場合にも、極力家族や普段行動をともにしている仲間と少人数で、混雑している場所や時間を避けて行動すること
  • 感染対策が徹底されていない飲食店等や休業要請または営業時間短縮の要請に応じていない飲食店等の利用を厳に控えること
  • 不要不急の帰省や旅行など都道府県間の移動や、感染が拡大している地域への不要不急の移動を極力控えること
  • 路上、公園等における集団での飲酒など、感染リスクが高い行動を自粛すること
体調不良の方へのお願い

市内においてもこれまでにない感染拡大が続いており、気付かないうちに感染している可能性があります。発熱や咳などの症状がある場合は、外出を控えていただきますようお願いいたします。
また、外出される際は、マスク着用などの咳エチケット、手指消毒などの標準的な感染予防策を実施していただき、三密を避ける行動をお願いします。
感染の連鎖とならないように、早めに医療機関を受診していただき、新型コロナウイルス感染症のまん延防止のご協力をお願いいたします。

関連リンク