自体体ホームページ向上研究会では、自治体公式ホームページの効果的な運用を実現するために研究活動を行いました。

 

平成25年度の活動 

 平成24年度までに行った研究結果を踏まえ、自治体公式ホームページでの災害情報の発信について具体的な対応策について研究を行いました。
 なお、この研究は、昨年度同様、狛江市・国立市・東大和市・武蔵村山市の4市で構成する「自治体ホームページ向上研究会」により、東京都市長会の「多摩・島しょ広域連携活動助成金」を活用して研究を行いました。
 調査内容は、全国236自治体のホームページ担当者を対象としたアンケート調査、アンケート調査の回答により先進的な取組みを行っている自治体への視察(杉並区、千葉県流山市、神奈川県横須賀市)、先行研究調査(オープンデータ)、災害時における情報提供の方法について研究を行いました。

自治体ホームページ向上研究会報告書(全編) [3854KB pdfファイル] 
表紙・目次 [661KB pdfファイル] 
調査概要 [724KB pdfファイル] 
アンケート調査 [1152KB pdfファイル] 
視察調査 [1659KB pdfファイル] 
災害時のサイト構造・分類 [699KB pdfファイル] 
オープンデータ [1576KB pdfファイル] 
災害に強い自治体ホームページのインフラ [659KB pdfファイル] 
まとめ [712KB pdfファイル] 

 

平成24年度の活動

 平成23年3月11日の東日本大震災発生後、自治体ホームページへのアクセスが集中するなど、ホームページの重要性を再認識する機会となりました。
 平成24年、狛江市・国立市・東大和市・武蔵村山市は共同で「自治体ホームページ向上研究会」を立ち上げ、公益財団法人東京市町村自治調査会の「多摩・島しょ広域連携活動助成金」を活用して、災害時のホームページ利用について、多摩地域(30市町村)の住民へのアンケート調査、ワークショップの開催、岩手県遠野市への視察を行い、市民に対してよりよい情報提供の方法の検討と研究を行いました。 

自治体ホームページ向上研究会報告書(全編) [3354KB pdfファイル] 
表紙・はじめに・目次 [474KB pdfファイル]  
調査概要 [522KB pdfファイル] 
視察調査 [1115KB pdfファイル] 
アンケート調査 [674KB pdfファイル] 
ワークショップ調査 [896KB pdfファイル]  
災害時の情報通信に関する調査 [1052KB pdfファイル]  
災害時における情報伝達と自治体ホームページの役割 [704KB pdfファイル]  
付属資料・奥付 [1067KB pdfファイル]