麻しん(はしか)の流行に注意してください

麻しん(はしか)とは

 麻しんは、麻しんウイルスへの感染によって起こる感染症です。ウイルス感染から約10日~12日後に発熱や鼻水、咳、目の充血等の症状が現れ、その後全身性の発疹や高熱がさらに3日~4日続きます。
 麻しんには特異的な治療法が無く、対象療法が中心となります。感染から回復までの約1か月間は免疫機能が低下するため、脳炎や肺炎等の重篤な合併症を引き起こす場合もあり注意が必要です。

麻しん(はしか)の予防

 麻しんは感染力がきわめて強いため、1人の発病者から多くの人に感染します。唯一有効な予防方法は予防接種によりあらかじめ免疫を獲得しておくことです。

※子どもの予防接種については、子どもの予防接種ページをご覧ください。

麻しん(はしか)の感染が疑われる場合には

 麻しん患者と接触した後に、発熱や咳、鼻水、涙がたくさん出る、発疹などの症状が出た場合には、事前にその旨を医療機関へ電話連絡してから受診してください。

※詳細は、国立感染症研究所ホームページまたは東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。