相談事例

 昨日見知らぬ業者から電話があり、「当社が勧める仮想通貨を購入すれば、値上がりは間違いない。今が買い時」と勧められました。仮想通貨のことがよく分からなかったので、検討すると言って電話を切りました。業者の話は信用できるでしょうか。

アドバイス

 仮想通貨とはインターネット上で自由にやりとりされ、通貨のような決済機能を持つ電子データです。金融機関を利用しなくても手数料が無料か低額で、いつでも国内外の送金が可能です。買い物の支払い等にも使えます。
 一方、仮想通貨は円やドルなどの法定通貨と異なり、利用できる店舗は限られています。法定通貨のようにその価値が保証されておらず、価格も変動することが多いため、必ず値上がりするという保証はありません。
 国際的な要請や、過去に国内で仮想通貨の取引所が破綻したことから、利用者保護とマネー・ロンダリング対策のため、平成29年4月に資金決済法が改正されました。国内で仮想通貨と法定通貨、仮想通貨同士の交換サービスを行うには「仮想通貨交換業者」として金融庁・財務局の登録が必要になりました。登録業者は金融庁のホームページで確認することができます。登録業者は利用者に取り扱う仮想通貨の名称や仕組み、リスク、取引金額や手数料等について説明義務があります。
 相談者には業者の話をうのみにせず、仮想通貨の購入を検討する場合は、登録業者かどうかを確認し、仮想通貨の仕組みや価格変動のリスク等が十分に理解できなければ、契約しないよう助言しました。
 心配なことがあれば、消費生活センターへ。

〔問い合わせ〕地域活性課地域振興係