施設の概要

市では令和2年度に狛江市児童発達支援センターを開設します。
児童発達支援センターでは、心身の発達やコミュニケーション等、環境への適応が苦手なお子様を対象に、家庭や所属する集団、地域社会でよりよく生活できるよう支援することをねらいとして事業を行います。

  • 名称 狛江市児童発達支援センター
  • 場所 狛江市元和泉一丁目11番11号(「子育て・教育支援複合施設2階」)
  • 開設予定 令和2年度開設予定
  • 実施事業

事業名

実施時間

対象者

事業内容

相談事業

平日

午前9時~午後6時

0歳から18歳未満の子どもやそのご家族

発達に関するあらゆる相談を受けます。障がい児相談支援(サービス等の利用に関する相談)も行います。

発達支援事業

(通所事業)

平日

午前10時~午後4時30分

2歳児から5歳児

日常生活に必要な基本動作や知識等の習得や集団生活や社会生活に適応するために必要な支援をします。

発達支援事業

(外来訓練クラス)

平日

午前10時~正午

2歳児から5歳児

個別機能訓練や集団での行動観察に基づき、適切な支援につなげられる法外プログラムを提供します。

地域支援事業

(保育所等訪問支援事業)

平日(必要に応じて)

保育園や幼稚園等集団生活を営む施設に通う子ども

保育園や幼稚園等で集団生活を送ることが困難な子どもに対し、家族からの依頼に基づき、本人の特性に応じた支援をします。

※ご利用には、原則、児童福祉法に規定する「通所受給者証」が必要です(「相談事業」の一般相談、個別相談、療育相談及び「発達支援事業」の外来訓練クラスを除く)。
※発達支援事業(通所事業、外来訓練クラス)については、下記、発達支援事業におけるクラス一覧を参照。
※この他にも学齢期の子どもを対象とした事業等を実施を検討しています。

発達支援事業におけるクラス一覧

クラス


(外来訓練クラス)


(並行通所クラス)


(週5日通所クラス)


(個別指導クラス)

内 容

個別機能訓練や集団での行動観察に基づき、適切な支援につなげられる法外プログラムを提供

並行通所の方や外来訓練により、療育の必要があると判断された方等を対象とする療育プログラムを提供

幼稚園・保育園の通所が難しい子ども 等を対象に、集中的な療育プログラムを提供

個別の指導が必要な子ども等を対象に、PT、OT、ST等の個別機能訓練を実施

主なプロ

グラム

外来訓練(集団)

外来訓練(個別)

集団指導

個別指導

集団指導、給食

個別指導

理学療法

作業療法

言語療法

対 象

2歳児~5歳児とその保護者
一般・専門相談に係っており、支給決定を受けてない児童

2歳児~5歳児

児童発達支援の支給決定児童

(知的・発達・身体)

2歳児~5歳児

幼稚園・保育園に通園していない児童発達支援の支給決定児童(知的・発達・身体)

2歳児~5歳児

児童発達支援の支給決定児童(知的・発達・身体)で機能訓練が必要な児童

通所回数

集団:週1日(半日)

午前10時~正午

個別:週1日60分

集団:週2日

午後2時30分~4時30分

必要に応じて個別指導あり

集団:週5日

午前10時~午後2時30分

必要に応じて個別指導あり

週1日(60分)

定員

20人 14人 7人 12人
 料金 

 原則、児童福祉法に基づく利用料金、外来訓練クラス利用料金と給食費等実費(3歳児から5歳児は給食費等実費のみ負担)

 

説明会

内容

児童発達支援センターの事業と利用方法について説明します。

対象

狛江市児童発達支援センターの利用を希望する方

日時

1月29日(水曜日)午後7時から8時まで

場所

狛江市防災センター4階 402・403会議室      

申し込み方法

電話にて1月27日(月曜日)午後5時までに、高齢障がい課障がい者支援係までお申し込みください。

電話:03-3430-1111 内線2209

※説明会当日にお子様の保育を先着10人まで受け付けます。申し込み時にお伝えください。また保育時に配慮が必要な場合はお申し出ください。保育は401会議室で行います。

児童発達支援センター利用説明会チラシ