3月7日(土)に実施を予定していた、環境保全推進講演会「エネルギーの小屋から見える未来~省エネ、再エネ、人のつながりが地球を救う?!~」は、コロナウイルスの感染拡大の防止のため中止します。

 

皆さんは「えねこや」について知っていますか?

えねこやとは、自然の力でつくったエネルギーだけで心地よく過ごせる小さな建築のことです(=エネルギーの小屋)。

太陽光発電と蓄電池で電力自立を目指す、地球にやさしい取組みです。

この講演会ではえねこやの取組み内容に加え、省エネ型の暮らしや地球温暖化対策についてお話しいただきます。

当日は移動式えねこやが狛江市役所にやってきます!エコな建築・えねこやを見学してみませんか?

 

▲えねこやには太陽光発電システムと蓄電池が設置されており、建物の電力はすべて自然エネルギーでまかなわれています。

  

▲移動式えねこやはコンパクトながら、自然エネルギーで電力を自給自足するえねこやの魅力を実感することができます。

 自然エネルギーの力を見学・体験できる貴重なチャンスです!ぜひ見に来てください♪

【写真:(上段)大槻 茂、(下段)いとう啓子(a-Nest)】

日時

 3月7日(土曜日)午後2時から

 ※午後1時45分から受付開始

会場

 狛江市防災センター4階会議室

講師

 湯浅 剛(ゆあさ つよし)…(一社)えねこや 代表理事、(株)アトリエ六曜舎 代表取締役

 大村 哲夫(おおむら てつお)…(一社)えねこや 理事、ちょうふ環境市民会議 理事

入場料・定員

 入場料無料(定員100人)

 ※移動式えねこやの見学・体験のみでもOK!無料で見学・体験できます。

申し込み・問い合わせ

 環境政策課環境係までご連絡いただくか、申し込みフォームからお申し込みください。

 申し込みフォームはこちらをクリックしてください。

 

 講演会のチラシはこちら⇒環境保全推進講演会チラシ.pdf [777KB pdfファイル]