「緑確保の総合的な方針」は、東京都及び区市町村において、平成22年5月に策定され、都市の中で減少傾向にある緑の課題に対して計画的に対応してきました。今回の改定では、将来に引き継ぐべき既存の緑の保全や緑のまちづくりを推進するため、今後10年間に確保することが望ましい緑を公表し、あわせて、まちづくりで創出する緑や先導的に取組む緑施策を掲示しております。新たな方針に基づき、東京都と区市町村が連携して、水と緑溢れる東京の実現に向けて取り組みます。
 本方針の内容は、東京都緑地景観課(都庁第二庁舎12階)、都民情報ルーム(都庁第一本庁舎3階)および環境政策課の窓口でも閲覧できます。詳しくは緑確保の総合的な方針(東京都都市整備局ホームページ)(外部リンク)をご覧ください。