狛江弁財天池特別緑地保全地区とは

 狛江の玄関となる狛江駅北側に位置する「狛江弁財天池特別緑地保全地区」は、全体の面積が2.1haとなっており、都内では珍しく、駅前に位置する緑豊かな地域であり、癒しの空間を作り出しています。
 「狛江弁財天池特別緑地保全地区市民の会」が保全地区内の下草刈りや清掃について、狛江市に協力していただいています。
 なお、狛江弁財天池特別緑地保全地区の一部は閉鎖管理をしておりますが、月に一回(毎月第2日曜日)程度、定例開放を行っています。

外観

狛江弁財天池特別緑地保全地区パンフレット [1256KB pdfファイル]

特別緑地保全地区制度の詳細については、東京都都市整備局ホームページをご覧ください。
狛江弁財天池特別緑地保全地区市民の会・公式FACEBOOKも合わせてご覧ください。


所在地 

狛江市元和泉一丁目地内(小田急線狛江駅より徒歩1分)

禁止事項

以下の事項については、原則として禁止しています。

  1. 池や立入禁止区域に入ること。
  2. 植物、鉱物、鳥獣、昆虫及び魚等の類を採取、捕獲し、または損傷、殺傷すること。
  3. 物品の販売、広告宣伝または募金等をすること。
  4. 業としての写真撮影その他これに類することをすること。
  5. 指定場所以外で喫煙すること。
  6. 飲酒飲食をすること。
  7. 自動車、自転車等を乗り入れること。
  8. 運動競技をすること。
  9. 興行または集会その他これに類する催しを行うこと。
  10. 大きな音葉大大きな声を発する等騒がしい行為をすること。
  11. 指定の場所以外においてゴミ等を捨て、または大小便をし、もしくはさせること。
  12. 工作物、備品等を汚損しまたは破壊すること。
  13. 管理区域の原状を変更すること。
  14. 水または土壌等を汚染させること。
  15. 動植物、魚類等を持ち込み放棄すること。
  16. 前各号に定めるもののほか、管理区域の保全または管理に支障がある行為をすること。