狛江市住宅補修緊急支援事業補助金制度は、令和元年台風第19号で被害を受けた住宅を所有する居住者に対し、その住宅の補修工事費を補助する制度です。令和2年1月6日(月曜日)から受付を開始します。

対象者

 一部損壊(準半壊)または一部損壊(10%未満)の住宅を所有し、かつ居住している方

補助金の額

 補助対象工事額の2分の1の額かつ上限30万円

補助対象工事(以下のすべてを満たす補修工事)
  • 令和元年台風第19号で被害を受け、令和元年10月13日以降に着手した補修工事
  • 災害救助法による応急修理制度の対象とならない住宅の補修工事
  • 屋根、壁、床、設備等、日常生活に欠かせない居住部分の補修工事
  • 実績報告を令和2年2月28日までに提出できる補修工事

※工事完了済または支払い済であっても申請できます。その際はご相談ください。

工事例

 壊れた床の補修、壊れた戸・窓の補修、電気・ガス・電話等の配管の配線の補修、壊れた便器・浴槽等の取り替えなど
住宅の応急修理にかかる工事例 [131KB pdfファイル] 

関係資料
問い合わせ先

 都市建設部まちづくり推進課 電話 03-3430-1309(直通)

参考

災害救助法の適用に伴う住宅の応急修理の実施について