子育て世帯への臨時特別給付金と緊急対策応援給付金について

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている市内の子育て世帯の生活を支援するため、国が実施する「臨時特別給付金」(児童手当を受給する世帯に対して支給)に加え、狛江市による上乗せ分である「緊急対策応援事業給付金」を支給します。

 

※公務員の方が受給するには、申請が必要です。申請期限は9月30日(水)までです。まだ申請されていない方はお早めにご申請ください。
※申請・支給方法、支給時期はこちらをご覧ください。 

 

支給対象

狛江市から令和2年4月分(3月分含む)の次の手当てを受給されている方
(令和2年3月中に年齢到達により対象外となった児童、同月に死亡した児童を含む)

  1. 児童手当(本則給付)の受給者
    ※児童手当の所得制限限度額を超えている方(月額5,000円の特例給付受給者)は対象外です。
    ※公務員の方は、基準日(令和2年3月31日時点。ただし令和2年3月中に年齢到達により対象外となった児童等は2月29日時点)時点で市内在住者が対象です。基準日前後に転出した場合は、転出予定日が基準日以前であれば転出先の市町村となります。(転出予定日が基準日の翌日以降の場合は狛江市への申請です。)
  2. 児童扶養手当の受給者(全額停止者を除く)
  3. 児童育成手当の受給者(育成手当の受給者に限る)

 

支給額

対象児童1人につき、次の金額

子育て世帯への臨時特別給付金(国が実施)

 児童手当(本則給付)の受給者 1万円

緊急対策応援給付金(狛江市による上乗せ分)
  • 児童手当(本則給付)の受給者 1万円 
  • 児童扶養手当の受給者     1万円
  • 児童育成手当の受給者     1万円

※児童手当(本則給付)のみの受給者は、対象児童1人につき2万円を支給します。(全ての手当てを給付している場合は、対象児童1人につき4万円を支給します。)
※いずれの給付金も、1回限りの支給で、非課税扱いです。

 

申請方法

令和2年5月15日(金曜日)に、該当する方にはお知らせを送付済みです。(公務員の方は所属庁より連絡があるため、市からお知らせは送付していません。)いずれの給付金も受給するための手続きは不要です。

ただし、公務員の方が「児童手当(本則給付)の受給者分」を受給するには所属庁より受領した「公務員 子育て世帯への臨時特別給付金申請書(請求書)」(証明印付き)の提出が必要です。詳細は所属先へお問い合わせのうえ、令和2年9月30日(火)までに子ども政策課に郵送にて申請してください。

※給付金を辞退される方は「子育て世帯への臨時特別給付金等受給辞退の届出書.pdf [67KB pdfファイル] 」に必要事を項記入のうえ、5月27日(水曜日)までに子ども政策課までご郵送ください。

◎窓口申請も受け付けますが、新型コロナウイルス感染症対策のためできる限り郵送にて提出をお願いいたします。
※切手不要の提出用封筒については、こちらをご覧ください。(市で郵送料を負担します)

 

支給方法・支給予定時期

令和2年6月10日(水曜日)に、各手当の振込口座に支給済みです。
(公務員の方の「児童手当(本則給付)の受給者」分は、申請後、7月10日(金曜日)より、順次支給しています。)

振込名義は次のとおりです。

  • 児童手当(本則給付)の受給者分 「狛江市子育て世帯特別給付金」
  • 児童扶養手当・児童育成手当の受給者分 「狛江市(子ども政策課)」
    ※迅速な振込実現のため、決定通知書の送付は省略します。6月末までに振込確認ができなかった方はご連絡ください。

口座解約・変更等により振り込みができない場合は、「子育て世帯への臨時特別給付金」 および「緊急対策応援給付金」が支給できませんので、令和2年12月末までに必ずご対応をお願いいたします。 

 

お問い合わせ

狛江市 子ども家庭部 子ども政策課 手当助成係 
電話番号 03-3430-1111 (内線 2313・2314)