狛江市青少年問題協議会は、令和3年度をもって廃止となり、狛江市子ども・若者・子育て会議との発展的統合がなされました

青少年問題協議会とは

 青少年問題協議会は、地方青少年問題協議会法(昭和28年法律第83号)により、その地方公共団体における1.青少年の指導、育成、保護および矯正に関する総合的施策の樹立につき必要な重要事項の調査審議、2.青少年の指導、育成、保護および矯正に関する総合的施策の適切な実施を期するために必要な関係行政機関相互の連絡調整、を行うこととされています。
 狛江市では、昭和51年から設置しています。

青少年問題協議会の委員

 狛江市の青少年問題協議会の委員は、学識経験者15人以内、関係行政機関の職員5人以内のうちから、市長が委嘱することとしています。

小委員会

 青少年問題協議会には、施策の推進に際し、具体的な実施計画等の調整等を行うための小委員会(青少年問題協議会小委員会)を置いています。
 小委員会には、協議会の委員の一部に加え、社会教育委員、青少年委員などの関係機関やボーイスカウト連絡協議会、体育協会、地域センター運営協議会などの地域団体、公募市民委員が加わっています。

会議録

 過去の会議録のページ

関係例規