狛江市児童発達支援センターでは、12月1日から令和4年度通所支援利用児の募集を開始します。
利用申し込みの際には、必ず事前に狛江市児童発達支援センターへお電話ください。

申し込み期間

期間

12月1日(水曜日)~24日(金曜日)
※土・日曜日を除く。

時間

午前9時~午後5時
  

申し込み窓口

狛江市児童発達支援センター(子育て・教育支援複合施設「ひだまりセンター」2階)
(所在地:狛江市元和泉一丁目11番11号)

申込(相談)電話:03-5761-9085

利用児募集事業

事業名 実施時間 対象者 定員等 事業内容

児童福祉法に基づく事業
(児童発達支援)

A 週5日通所クラス

〔集団〕週5日(月曜日~金曜日)(祝日を除く)

  1. 午前9時45分~午後1時15分
  2. 午前9時30分~午後2時

 

  1. 2~3歳児クラス 
  2. 3~5歳児クラス
各クラス7人 幼稚園や保育所の通園が難しいお子様を対象に日常生活に必要な基本動作等の習得や集団生活や社会生活に適応するために必要な支援をします。
※給食を提供します。
※必要に応じて個別指導を行います。
B 並行通所クラス

〔集団〕月曜日・水曜日・木曜日・金曜日(祝日を除く)のいずれか週1日
午後2時30分~4時30分

3~5歳児 1日6人 幼稚園や保育所等に通園しているお子様で療育の必要があると判断されたお子様を対象に、日常生活に必要な基本動作等の習得や集団生活や社会生活に適応するために必要な支援をします。
※必要に応じて個別指導を行います。
市独自事業 C 外来訓練クラス

〔集団〕親子プログラム
火曜日・金曜日のいずれか隔週1日(祝日を除く) 午前10時~正午

  1. 0・1歳児
  2. 1・2歳児
各4組 幼稚園や保育園等の入園前のお子様等を対象に、親子で楽しみながら、コミュニケーション等の発達を促す活動を行います。

月曜日~金曜日(祝日を除く)
1回60分(目安)

個別訓練
2歳児~5歳児
必要に応じて
月1~3回
言語聴覚士・理学療法士・作業療法士がお子様の状況に合わせ、個別訓練を行います。
学齢期対象事業

月曜日~金曜日(祝日を除く)
月1回(半年間)

1回60分(目安)

小学校1年生の児童から
18歳未満の学齢期児童・生徒
半年ごとに各8人
(計16人)
学校生活や環境への適応が心配な学齢期のお子様を対象に、作業療法士が個々の特性や状態をみて、必要な機能訓練を行います。

※ご利用には、原則、児童福祉法に規定する「通所受給者証」が必要です(市独自事業を除く)。

利用料金

   上記の表の児童福祉法に基づく事業については、児童福祉法に定められた利用料の1割(世帯所得により負担上限月額が異なります。)を負担していただきます。ただし、満3歳になって初めての4月1日から未就学児までの間は幼児教育無償化の対象となり、利用料金は無料となります。
 なお、市独自事業の利用料金、給食費や行事等の実費は幼児無償化の対象になりませんので、利用料金のお支払いが必要となります。詳細は令和4年度狛江市児童発達支援センター募集要項をご覧ください。

令和4年度の利用申し込みの流れ

1. 相談受付

 まずは、保護者の方が児童発達支援センターに電話でお申し込みください。初回面談の予約をします。

2. 申込書類の提出

 提出書類(下記参照)を参照し、初回面談前にご提出ください。

3. 初回面談

 保護者の方のお話を伺いながら、お子様の様子を見させていただきます。

4. 計画相談と利用契約

福祉相談課相談支援係に利用計画案を提出し、『通所受給者証』が発行された後、センターと利用契約を結ぶことで、サービスが受けられます。なお、市独自事業については、計画相談は必要なく、利用契約を結ぶことでサービスが受けられます。

 

提出書類

  1. 狛江市児童発達支援センター利用申請書 [117KB pdfファイル]
    ダウンロード後、印刷し、ご記入の上、初回面談時にお持ちください。
  2. 相談申込票(新規の方のみ)
    ※相談申込票については未就学児と学齢期児童では様式が異なりますので、ご注意ください。
    未就学児用相談申込票 [201KB pdfファイル]
     (ダウンロード後、印刷いただき、ご記入の上、初回面談時にお持ちください。)
    学齢期対象事業相談申込票 [183KB pdfファイル]
     (ダウンロード後、印刷いただき、ご記入の上、初回面談時にお持ちください。)

事業案内・募集要項