1.本支援金の目的

 狛江市では、市内経済の維持を目的に、新型コロナウイルス感染症の影響で売上が減少しながらも、国の持続化給付金や、市の事業者支援金等の対象から外れてしまう事業者の方へ狛江市地域経済持続支援金を交付し、その事業の継続を支援します。

【期限延長のお知らせ】申請期限を令和3年1月29日(金曜日)までとしていましたが、令和3年3月31日(水曜日)※必着まで延長しました。

2.支給対象要件

 原則として、以下のすべての条件を満たす者。ただし特例要件があります。
 申請要綱を必ずご確認ください。

  • 国の持続化給付金または市の新型コロナウイルス感染症関連の事業者支援金(全6種※)のいずれも受給していない、または受給する予定のない者
  • 平成30年12月以前に事業を開始しており、令和2年1月から12月までの間に、事業収入が前年同月の事業収入と比較して、20%以上50%未満の範囲で減少した月がある者
  • 市内に所在する事業所(店舗・事務所含む)で事業を営む者
  • 法人の場合は、「資本金の額又は出資の総額が10億円未満」または「資本金の額又は出資の総額が定められていない場合は、常時使用する従業員の数が2,000人以下」に該当する者
  • 令和2年11月1日現在、当市で3カ月以上営業している者であって、申請時点で営業許可の取消しまたは営業停止の行政処分を受けていない者
  • 今後も事業を継続する意思を有する者
  • 納期限が到来した市税(延滞金等も含む)の滞納がない者

※市の新型コロナウイルス感染症関連の事業者支援金について
 (1) 中小企業者緊急対策応援助成金(事業所家賃助成)
 (2) 中小企業者感染拡大防止協力金
 (3) 3密対策実施等事業者支援給付金
 (4) 新型コロナウイルス感染症緊急包括支援事業補助金
 (5) 新型コロナウイルス感染症緊急対策社会福祉施設等応援給付金
 (6) 狛江市内医療機関事業継続補助金

3.支援金の額

 1事業者につき10万円
 ※1事業者につき1回限り支給。

4.受付期間

 令和2年11月2日(月曜日)から 令和3年1月29日(金曜日)※必着 まで
                  令和3年3月31日(水曜日)※必着 まで

5.提出書類

 申請要綱をご確認ください。

6.申請方法

 郵送の場合

 〒201-8585 狛江市和泉本町一丁目1番5号
 狛江市 市民生活部 地域活性課あてにご郵送ください。
 ※切手不要の「料金受取人払」を実施しています。

 窓口の場合

 〒201-8585 狛江市和泉本町一丁目1番5号
 狛江市役所2階 地域活性課までお越しください。
 ※平日午前8時30分から午後5時まで(年末年始を除く)

 電子申請の場合

 東京都共同電子申請・届出サービスからご申請ください。   

7.申請から支給までの目安

 申請書受理 →(通常14日以内)→ 決定通知書の送付 →(10日前後)→ 指定口座へ振込み
 ※ただし、提出書類に不備がある場合や年末年始を挟む場合は、目安以上に時間がかかります。ご了承ください。

8.資料