都内のインフルエンザ患者報告数は、第2週(1月7日から1月13日まで)において急速に増加し「流行警報基準」※を超えました。
インフルエンザの予防、拡大防止に、より一層注意するとともに、感染が疑われる場合には、早めに医療機関を受診し、体調管理にも十分に気をつけてください。

※流行警報基準 感染症発生動向調査による定点報告において、30人/定点(週)を超えた保健所の管内人口の合計が東京都の人口全体の30%を超えた場合としています。

都内のインフルエンザ「流行警報」

 

インフルエンザとは

 インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症です。通常の急性上気道炎(かぜ)に比べ全身症状が強く出やすいことを特徴とします。

インフルエンザ対策のポイント
  • こまめな手洗い
  • 休養・栄養・水分補給
  • 咳エチケット
  • 適度な室内加湿・換気
  • 予防接種(かかりつけ医と相談)
狛江市立小・中学校のインフルエンザによる臨時休業の状況

以下のリンクより確認ができます。

狛江市教育委員会ホームページ

 

○インフルエンザに関する最新の情報は、東京都感染症情報センターホームページをご覧ください。