~早期発見のため、定期的な検診が必要です~
 症状があって外来を受診した場合には、がんが進行している場合があります。一方、がん検診は特に自覚症状もなく、健康的に日常を過ごしている人を対象にしています。
 もし、がんが見つかった場合でも、そのがんは早期がんである可能性が高いのです。早期であれば治せる可能性は非常に高く、治療も軽くすむことが多いので、身体的負担、経済的負担や時間は一般的に少なくてすみます。
 狛江市では、申込み制によるがん検診を実施しております。ぜひ、積極的に受診しましょう。

がん検診を受ける前に知っておこう!!
がん検診には、メリットとデメリットがあります
 

 がん検診の目的は、無症状のうちにがんを早期に発見し、適切な治療を行い、がんによる死亡を減少させることです。単に多くのがんをみつけることが、がん検診の目的ではありません。
 また、すべてのがん検診には、メリットとデメリットがあり、いくつかのがん検診の検査方法は、現在までのところがん患者の診療では有用であっても、検診で使用した場合の効果が十分に確かめられていないものもあります。
 がん検診のメリットとデメリットを正しく理解し、正しい知識を持ってがん検診を受診しましょう。

1 がん検診のメリット

 がん検診の目的は、早期発見により、そのがんで死亡する可能性を減少させることです。ただし、多くのがんを早期に見つけるだけでは、その目的を達成することはできません。それは、がん検診により発見されるがんの中には生命予後に影響を与えない、すなわち死亡原因にはならないものが含まれている可能性があるからです。死亡を確実に減少させることができるかどうかは、科学的な方法に基づく検証が必要です。そうした科学的根拠のある検診ではじめてがん検診本来の目的が達成できます。

 効果があると判断されたがん検診の最大のメリットは、早期発見、早期治療による救命の効果です。症状があって外来を受診した場合には、がん検診と比べ、進行したがんが多く見つかります。一方、がん検診は症状のない健康な人を対象にしていることから、早期がんが多く発見されます。早期がんはそのほとんどが治り、しかも軽い治療ですみます。一方、進行がんは、臓器によって程度が違いますが、治すことができない場合が多くなります。

 がん検診によってがんが早期に見つかるばかりではなく、いわゆる前がん病変が発見されることがあります。子宮頸がんにおける異型上皮、大腸がんにおける大腸腺腫(ポリープ)等がその例です。このような前がん病変は、それを治療することでがんになることを防ぐことができます。実際、検診によりがんを減らせることが、これら2つのがん検診ではわかっています。

 がん検診を受けて「異常なし」の判定が下ったとしましょう。多くの人々は「がんがない」ことで安心します。これもがん検診のメリットということができます。

2 がん検診のデメリット

 がん検診のデメリットとは、検診の欠点や検診を受けることによる不利益のことです。この項を設けた目的は、がん検診を受ける際には、このようなデメリットがあるということも十分に理解していただきたいからです。それでは具体的にデメリットを検証していきましょう。

(1)がん検診でがんが100%見つかるわけではないこと

 どのように優れた検査でも、100%の精度ではありません。がんが発生した時点から、一定の大きさになるまで検査で発見することはできません。その可能性は、がんの種類や検査の精度によって異なります。さらに、がんそのものが見つけにくい形であったり、見つけにくい場所に出たりする場合があります。このため、ある程度の見逃しは、どのような検診であっても起こってしまいます。

(2)結果的に不必要な治療や検査を招く可能性があること

 検診では、本来生命状態に影響しない、微小でその後も進行がんにはならないがんを見つける場合があります。これを「過剰診断」といいます。今のところ、このようながんと普通のがんを区別することはできません。そこで早期に治療することを重点に考えた場合、このようながんにも手術などの治療を行わざるをえないことになります。
 次に、がん検診によってがんの疑いがあると判定され、精密検査を行ってもがんがない場合も多くあります。これを検診での「偽陽性」といいます。この「偽陽性」はある程度までは避けようがなく、精密検査を行ってはじめてそれとわかるもので、精密検査をしないわけにはいきません。
 早期発見、早期治療のためにはある程度やむをえないことですが、結果的にみれば不必要な治療や検査が行われることがあります。

(3)検査に伴う偶発症の問題

 偶発症の具体例としては、胃の内視鏡検査で出血や穿孔(せんこう:胃壁に穴を開けること)を起こすものがあります。極めてまれですが、死亡に至ることがあります。専門の学会の報告では、胃の検査では約1万件に1件(0.01%)、大腸の検査は約1,500件に1件(0.07%)となっています。またX線検査、CT検査等による放射線被曝によりがんの誘発や遺伝的影響があることも、極めて低い確率ではありますが、否定することはできません。例示した内視鏡検査では、検査を行う医師の技術向上や機器の改善が進められ、また、放射線被曝についても機器の開発、改善によってその影響を最小限に抑えられるようになっています。ただ、極めて低い可能性ですが、こうした偶発症が起こる可能性も理解しておいてください。
※注意:狛江市の胃がん検診は、バリウムによる胃のレントゲン(放射線)検査で実施しています。

(4)受診者の心理的影響

 がん検診を受ける場合、多かれ少なかれ心理的な負担があります。検診によって「がんがありそう(異常あり)」とされた場合、精密検査を受診しなくてはなりません。その場合、悪性か良性か、検査の結果が出るまでの間の心理的な負担は重いものです。しかし、がん検診のかけがえのない利点は、がんの早期発見と早期治療による救命ができることです。このメリットを生かすためには、医師や看護師からの十分な説明を受け、がん検診のメリットだけではなく、デメリットついても併せて知っておくことが必要です。 

出典:国立がん研究センターがん情報サービス 

あいとぴあセンターがん検診(胃・肺・大腸)(午前中のみ)

対象者:昭和60年3月31日以前生まれの方
自己負担:なし

実施場所 実施期間 申込み先

あいとぴあセンター

6月30日(日曜日)

7月1日(月曜日)

8月23日(金曜日)

9月7日(土曜日)・10日(火曜日)・18日(水曜日)

10月28日(月曜日)・31日(木曜日)

11月1日(金曜日)・2日(土曜日)

12月5日(木曜日)

(1)参照

 

※肺がん検診における喀痰細胞診対象者は50歳以上かつ喫煙指数600以上(1日の喫煙本数×過去から現在までの喫煙年数合計) 

胃がんリスク検査(ABC検査)

対象者
 昭和54年4月1日~昭和55年3月31日生まれの方
 昭和49年4月1日~昭和50年3月31日生まれの方
 昭和44年4月1日~昭和45年3月31日生まれの方
 昭和39年4月1日~昭和40年3月31日生まれの方
 昭和34年4月1日~昭和35年3月31日生まれの方
 昭和29年4月1日~昭和30年3月31日生まれの方
自己負担:700円(生活保護受給者は、受給証明書を提出することで無料になります)

実施場所 実施期間 申込み先

市内実施医療機関

6月1日(土曜日)~10月31日(木曜日)

(2)参照

 ※狛江市国保特定健診対象者で、検査希望の方は原則同時実施。 

肺がん検診(個別)

対象者:昭和60年3月31日以前生まれの方
自己負担:なし

実施場所 実施期間 申込み先

市内実施医療機関

6月1日(土曜日)~29日(土曜日)

(5月1日号広報をご確認ください)

(2)参照

10月1日(火曜日)~31日(木曜日)

(9月1日号広報をご確認ください)

 ※肺がん検診における喀痰細胞診対象者は50歳以上かつ喫煙指数600以上(1日の喫煙本数×過去から現在までの喫煙年数合計) 

受診される際、実施場所により申し込み先が変わりますのでご注意ください。

(1)申込み先が(公財)東京都予防医学協会のがん検診(先着順)

受診場所:あいとぴあセンターまたは(公財)東京都予防医学協会(新宿区市谷砂土原町1-2 保険会館)

5月7日(火曜日)より申込み受付開始。
WEB:申込みはこちらから⇒ 申込みページ へ
※24時間いつでも申込み可能です。

電話:0120-128-331(フリーダイヤル・固定電話のみ)または03-3269-4752
※受付時間は、月~金(土日祝日を除く)9時~17時 

(2)申込み先が市内の実施医療機関のがん検診

受診場所:市内実施医療機関 ※実施医療機関詳細はこちらからご確認ください⇒平成31年度市内委実施医療機関一覧 

※お申込みは、それぞれの実施医療機関の受付時間内に直接ご連絡ください。
※検診の実施は、各医療機関の診療日・時間内になります。