狛江市民の文化・芸術活動をさらに活性化し、魅力ある街づくりを進める新たな取り組みとして「音楽の街」構想を策定しました。

 平成18年に行った構想策定委員会では、12月にコンサート・フォーラムを行ない、「音楽の街」づくりのために5つのアプローチを発表しています。
1.市民文化の振興と地域の活性化
2.高度な水準の芸術に市民が気楽に触れられる機会の提供
3.児童・生徒の音楽活動の推進。将来の「音楽の街」の担い手づくり
4.若手・新人の音楽家に対する活動の場の提供
5.外国人音楽家の支援・交流を通じた国際化の推進


詳しくはこちら(「音楽の街-狛江」構想)をご覧ください。