新地区センターにかかわる市民説明会を開催しました。
〔日時〕平成16年4月26日(月)午後7時~8時
〔場所〕野川地域センター大会議室
〔参加者〕26名
〔説明内容〕

地域還元施設の経過説明(市民協働課長より)
 狛江市東野川四丁目と世田谷区成城四丁目にまたがる「パークシティ成城」の建設に伴い、三井不動産株式会社より地域還元施設の提供の提案があり、その利用等について検討してきました。
 市の利用方針としましては、狛江市民が集える施設を整備することとし、地区センターの位置付けとしました。
 地区センターとは狛江市民の自発的なコミュニティ活動を助長する施設で、新しい地域的な連帯感に支えられた豊かな市民生活の実現を目指すものです。
 施設の運営は、地域の町内会・自治会・長寿会・PTAや利用団体からなる運営協議会を組織していただき、施設利用の受付や運営方法などを協議していただきます。
 施設は無人ですので、利用するときは各団体が責任を持って施設の開錠及び施錠等を行っていただきます。
 施設は、軽量鉄骨造の述べ床面積約320㎡で、部屋の大きさや利用方法については、昨年10月に東野川及び和泉本町・岩戸北の一部を含む地域の町内会・自治会・長寿会・PTA・狛江市音楽連盟等の12団体、16名からなる新地区センター運営協議会設立準備会を組織し検討をしていただいたところです。
 本日の説明会は、準備会で施設整備や利用方法などをご検討いただき、この程、まとまりましたので、ご説明させていただき、ご意見をいただければと考えております。
 なお、本施設に愛着を持っていただき、ご利用をいただきたくお願いを申し上げまして、経過説明とさせていただきます。
      
準備会検討事項・決定事項の説明(準備会座長より)
 施設の名称としては「東野川地区センター」「小足立地区センター」「覚東地区センター」「みつおさ地区センター」「谷戸橋地区センター」 「地区センターではなくコミュニティスクエア」という意見が出て検討しましたが、他の地区センターが地名から名称を取っていることからすぐ横の橋の名前をとり「谷戸橋地区センター」としました。また、「とんぼ池公園」(正式名称:前原公園)のように市民に親しまれるように愛称をつけることとし、カワセミが野川にくることから「かわせみ館」としました。
 施設鍵の受渡及び施設予約場所については近くの商店なども検討しましたが基本的に常時管理人がいて休みの日がなく施設に近いことから、狛江ハイタウン管理組合になりました。
 施設の間取りについては、この施設の特色として防音設備のある施設として計画されていることから、音楽団体の練習や発表会もできる多目的室を中心に検討を行い、その他に町内会や自治会などの地域活動と趣味活動などの生涯学習の場として会議室と和室が必要との意見が出されました。会議室については、親子サークルの遊び場などとして多目的に使えるように大会議室とし、会議など目的によっては二部屋にもできるように可動式の間仕切りの設置を検討しました。和室については椅子の数に関わらず人数が入れる利点や琴・三味線などの和楽器演奏・日本舞踊なども可能であることから設置を検討しました。
 駐車場の利用方法については、検討の結果、出入口のポールにチェーンをかけ利用者がその都度、開錠・施錠をすることで利用者以外の駐車はさせないことにしました。また、公害や騒音防止の観点から、なるべくバスや徒歩・自転車の利用をお願いいたします。施設の特色から機材の運搬など特殊な事情があり駐車場を利用する場合は利用者以外の駐車をさせないように利用団体に管理をしていただきます。
 音楽利用のできる施設であることから多目的室へのピアノの設置についても検討しました。しかし、地区センターが貸し室としての施設で管理人のいない施設のため備品の管理が難しいなどの問題があります。家庭で使われていないピアノの寄付を受ける話も出ましたが、運搬費の問題や調律などの管理上の問題もあり、今後運営協議会で検討することになりました。
 従来、地区センターの運営協議会の委員構成については、施設の見回りなどもあるため地元地域の団体から選出しているところですが、この施設の特色として音楽団体の利用や親子サークルの利用が見込まれることから、利用団体からも委員を募集することとなりました。
 運営協議会への参加を希望される団体は申し出てください。

資料説明  
 新地区センターの利用方法と地区センターの利用の流れ、地区センター団体登録、部屋配置図(案)、備品(予定)について市民協働課よりパワーポイントを使い説明した。

質疑応答
質問・意見
1.防音設備についてどの程度か→小学校の音楽室程度には改修できる予定である。
2.駐車場の利用方法の確認→利用者以外の駐車をされないように出入口のチェーンに鍵をかけ、各利用団体でその都度開錠施錠をして管理してもらうことを再度説明した。
3.間取りの詳細説明について→トイレと備品倉庫について再度説明した。
4.会議室や和室でカラオケを使用することができるか→できない。多目的室を利用することになる。
5.カラオケ機器の台数について→多目的室用に1台設置の予定である。
6.ピアノの設置について要望があり、今後運営協議会で検討することを再度説明した。
7.警報装置はどこにあるのか→現在すでに設置してあり、そのままの場所と考えている。
8.施設内が禁煙かどうか→禁煙施設である。
9.トイレは洋式か和式か→洋式で設置されている。
10.団体登録はいつから受付か→地区センターの団体登録は各センター共通のため、今でも受付できる。

〔問い合わせ〕市民協働課