1 実施日・会場・参加人数

回数

実施日

時間

会場

参加人数

平成16年11月26日(金)

15時から16時30分

狛江市ビン・缶リサイクルセンター

52人

平成16年11月27日(土)

14時から15時30分

市役所特別会議室

36人

平成17年1月13日(木)

18時から19時30分

岩戸地域センター

53人

平成17年1月15日(土)

14時から15時30分

南部地域センター

36人

平成17年1月16日(日)

14時から15時30分

野川地域センター

73人

平成17年1月19日(水)

18時から19時30分

上和泉地域センター

92人

合計 342人

2 意見・要望
(料金について)
・有料化は可燃ごみ・不燃ごみのみか。
・各市によって指定袋の値段が違うのは。
・指定袋より、シール化で対応した方がよい。指定袋も最終的にはごみになる。
・多摩川のバーべキューしている人達のごみは。
・神代団地は調布市と狛江市にまたがっている。調布と同一価格にならないか。
・指定袋の価格の算出基準は。
(説明会について)
・市民への周知の仕方
・マンション管理組合に説明に来てほしい。
・有料化はごみ減量につながると思うが、ごみ減量について市民に周知する必要がある。
(袋の販売について)
・指定袋の販売はどのように考えているのか。
(出し方について)
・家の前の道路の落ち葉を掃いている、それも指定袋を使用するのか。
・指定袋以外の袋で出したごみの扱いは。
・不法投棄が増えるのでは。
・都営住宅(和泉本町)の団地内の芝、落ち葉も指定袋に入れるのか。
・落ち葉(公園、神社、樹林地、隣家)から、敷地内に入って来る。これも指定袋で出すのか。
・生ごみを直接指定袋に入れるのは抵抗がある。