申請団体

 平成28年度については、スタート補助金は3団体、チャレンジ補助金は6団体(新規3団体、継続3団体)の申請がありました。各団体の事業概要は、選考会資料 [6972KB pdfファイル] をご参照ください。 

選考方法

1次評価

 選考委員(7人)が各事業について、下記の(1)~(5)の5項目それぞれに1~5点の評価点をつけ合計します。また、チャレンジ補助金申請団体のうち、昨年度より継続して申請する団体は(6)(7)の2つの項目を加えた7項目について評価点をつけ、合計点に7分の5を乗算した数値を獲得点数とします。 
 なお、スタート補助金申請団体は事前に提出された書類により、チャレンジ補助金申請団体は公開プレゼンテーションにより評価を行いました。

評価項目

(1)先駆的であり、将来性のある事業であるかどうか。
(2)市民のニーズや地域性に適合した特徴のある事業であるかどうか。
(3)事業計画および収支予算に現実性があるかどうか。
(4)事業の実施により相当の効果が期待できるかどうか。
(5)事業を行う団体が将来自立して活動できる可能性が期待できるかどうか。 

(6)前年度の補助事業が適切・効果的に実施され、当初の目的が達成されているかどうか。
(7)前年度の事業を踏まえ、新しい事業展開が見られるかどうか。
 

2次評価

 選考委員が1次評価を参考に審議を行い、スタート補助金とチャレンジ補助金、それぞれの申請団体分のシールを持ち2次評価を行います。今回は、スタート補助金は選考委員1人あたり3枚、チャレンジ補助金は1人あたり6枚で、どの団体に何枚シールを貼るかは各選考委員の判断になります。
 また、1次評価と2次評価の合計点が基準点に満たない団体は不交付となります。

基準点の算出方法

(例)スタート補助金(3団体)の場合で計算
 1次評価の平均点は、(評価点の平均)3点×(評価)5項目×(選考委員)7人=105点となります。
 2次評価の平均点は、(シール1枚)5点×(申請)3団体×(選考委員)7人÷3団体=35点となります。
 基準点は、それぞれの平均点を合計した140点になります。この基準点は、団体数が変わっても同じなのでチャレンジ補助金の基準点も同じになります。

 

選考結果

 1次評価と2次評価の合計点が140点未満の団体は不交付となりますが、今年度は申請したすべての団体に対し交付が決定しました。交付金額については、スタート補助金が一律5万円、チャレンジ補助金は選考委員による審議を行い、下記の通り決定しました。 

■選考結果
分類 団体名 事業名 申請額

1次

評価

2次

評価

合計 順位 選考結果
スタート 狛江市将棋愛好会 狛江市民将棋大会 50,000円 134 35 169

スタート

3位

50,000円
スタート フードバンク狛江 フードバンク狛江のリーフレット作成 50,000円 141 35 176 スタート
2位
50,000円
スタート 『孫育て昔遊びの会』 子どもと高齢者のための昔遊び事業 50,000円 144 35 179 スタート
1位
50,000円
チャレンジ
継続
狛江元気スクール 狛江市の新制度「通所型サービスB」に適合する団体の育成 200,000円 142 50 192 チャレンジ
1位
200,000円
チャレンジ
新規
狛江市邦楽連盟 少年少女民謡チャレンジ講習会 200,000円 119 30 149 チャレンジ
4位
200,000円
チャレンジ
継続
狛江・まちづくり市民会議 六郷さくら通りを軸とした快適なまちづくりプロジェクト(第3年度) 200,000円 116 25 141 チャレンジ
6位
150,000円
チャレンジ
新規
ブルームーン バンド演奏を通して市民の皆様に楽しんで頂く事業 130,000円 129 30 159 チャレンジ
3位
130,000円
チャレンジ
継続
ヘルマンさんの会 ヘルマン・ウォルシュケさんの足跡調査研究と広報活動 200,000円 118 30 148 チャレンジ
5位
180,000円

チャレンジ

新規

ミュージカルCoCo~ 市民ミュージカル「Voice」上演 200,000円 131 45 176 チャレンジ
2位
200,000円

 

総額
スタート補助金申請額 150,000円 スタート補助金交付額 150,000円
チャレンジ補助金申請額 1,130,000円 チャレンジ補助金交付額 1,060,000円