1 日時 平成28年10月1日(土曜日) 午前10時~10時52分
2 場所 狛江市防災センター 301・302・303会議室 
3 事務局 企画財政部長(髙橋良典)
福祉保健部長(松坂誠)
政策室長(田部井則人)
福祉相談課長(小川正美)
高齢障がい課長(浅見文恵)
政策室企画調整担当副主幹(浅井信治)
高齢障がい課障がい者支援係長(瀧川直樹)
高齢障がい課障がい者支援係主任(川井哲也)
高齢障がい課障がい者支援係主事(遠藤恵美)
足立邦栄会3名
4 傍聴者 15名
5 議題 1.福祉作業所の現状と対応について

2.今後のスケジュール

3.福祉作業所とは

4.こまえ工房について

5.事業所の現状

6.暫定的な統合についての法人の考え方
6 資料 福祉作業所の暫定的な統合についての市民説明会資料
7 議事
事務局

 福祉作業所の暫定的な統合についての市民説明会資料(議事1~6)について説明

 

市民

 係争中の理由を教えてください。

 

政策室長

 係争中のため、理由については控えさせていただきます。

 

市民

 現在の三つの福祉作業所を改修して、引き続き利用することはできないのですか。

 

政策室長

 現在の福祉作業所の老朽化、利用者の作業スペースの狭さから、総合的に検討した結果、移設が必要であると判断しました。

 

市民

 騒音はありますか。また、近隣に響くことは、ありませんか。

 

福祉相談課長

 基本的には、騒音はないと考えています。また、現在の福祉作業所の近隣から、騒音についての話を聞いたことはありません。

 

市民

 職員数は何人ですか。

 

足立邦栄会

 20名前後職員はおります。常時15名程度が勤務しております。

 

市民

 改修工事の具体的な計画を教えてください。

 

政策室長

 今計画を詰めておりますが、契約等の手続きをし、半年程度の工事期間終了後、移転し、オープンという流れになり、年度終わりに開始になると想定しています。

 

市民

 市内保育園の掲示板に、入所受付のことが書いてありましたが、定員が一杯になると福祉作業所のスペースが狭くなるのではないかと心配です。

 

福祉保健部長

 保育園の入所希望は多いですが、定員は決まっており、多いからといって、隣の施設を使うということはありません。

(閉会)