職種および業務内容

 一般事務(学芸員・埋蔵文化財担当)

  1. 埋蔵文化財に関する専門的業務(試掘調査、本調査の指導、立会い調査等)
  2. 埋蔵文化財関係の事務処理(照会・届出等)及び調整業務等
  3. その他文化財関係の管理・保護・普及啓発等に関する業務等
受験資格

 65歳未満(平成30年4月1日現在)の方で、以下のすべての要件に該当すること。

  1. 学芸員資格を有すること。
  2. 学校教育法における大学もしくは大学院において考古学に関する専門課程を専攻し、卒業(修了)したこと。
  3. 遺跡の発掘調査から整理作業、報告書作成まで一貫して関わった経験があり、遺物の実測・トレース作業及び報告書執筆の経験があること。
募集人員

 1名

任用期間

 平成30年7月1日~平成31年3月31日
(必要に応じて任用期間を更新する場合あり)

勤務場所

 狛江市役所3階 狛江市教育委員会教育部社会教育課文化財担当

募集要項(その他勤務時間、報酬等)

 狛江市非常勤嘱託職員(学芸員・埋蔵文化財担当)募集要項 [197KB pdfファイル] 

申込方法

 5月31日(木曜日)午後5時(必着)までに(土・日曜日、祝日を除く、午前8時30分から午後5時まで)、下記の書類を持参または特定記録郵便で、社会教育課文化財担当へ。

  1. 市販の履歴書に写真(提出日の3ヶ月以内に撮影されたもの)を添付したもの。
  2. 資格証明書の写し
  3. 発掘調査歴や報告書・論文等の執筆業績について、それらの業績の一覧(書式は任意)。ただし、発掘調査歴については作業員としての参加を除き、調査時の職名を明記してください。また、報告書・論文など共著の場合は、執筆した範囲を明記してください。
  4. 作文 400字程度(書式は任意)。課題「狛江地域の遺跡の特性と応募の動機」。