昭和50年に市民憲章を制定してから40年以上経過し、新しい転入者も増えていることなどから、市民憲章になじみのない市民も多くなっています。市民憲章は市民のためのものであり、市民が狛江に誇りと親しみを持てるように見直しを検討することとし、平成27年度から市民で構成された狛江市民憲章見直し検討委員会において検討してきました。
 このたび、新しい市民憲章の素案ができましたので公表し、広く皆さんの意見を反映させるため、市民説明会およびパブリックコメント等を実施します。

市民説明会

〔日時・会場〕

  • 3月23日(土曜日)午前10時から 防災センター3階会議室
  • 3月27日(水曜日)午後7時から 4階特別会議室

パブリックコメントの内容

〔対象〕市内在住・在学・在勤および市内に事業所等を有する方
〔提出方法〕4月15日(月曜日)(必着)までに、住所・氏名(ふりがな)、在学・在勤の方および市内に事業所等を有する方はその名称・住所を記入の上、次のいずれかの方法で提出してください。
〔窓口〕政策室へ提出
〔郵送〕〒201-8585 狛江市和泉本町1丁目1番5号 狛江市企画財政部政策室協働調整担当 宛て
〔FAX〕03(3430)6870
〔電子メール〕kyodot@city.komae.lg.jp
〔フォーム〕専用フォームへ(SSL対応)