過去に国民年金保険料の納付が困難で、「学生納付特例制度」や「保険料免除制度」の承認を受けていた方は、将来受け取る老齢基礎年金額が減額されて計算されることになります。
 このことから、10年以内であれば、保険料をさかのぼって納めることができます(追納制度)。追納すると免除期間によって減額された年金額を増額することができます。
 ただし、追納する場合は、経過期間によって政令で定めた一定の率を乗じた額が保険料に加算されますので、追納を希望する方は、できるだけ早く追納することをお勧めします。

〔問い合わせ〕府中社会保険事務所 電話042(361)1011