今までの年金制度では、障害基礎年金と老齢厚生年金、障害基礎年金と遺族厚生年金は併せて受給(併給)することができませんでした。
 このため、障害基礎年金を受給している方は、厚生年金保険料を納付しても、年金給付に反映されにくい仕組みとなっていました。
 平成18年4月からこれを改正し、65歳以上の障害基礎年金(旧法による障害年金も含む)の受給権者は、障害基礎年金を受給しながら老齢厚生年金または遺族厚生年金を併給することができるようになりました。

〔問い合わせ〕ねんきんダイヤル 電話0570(07)1165