消防法の改正に伴い、住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。
 都では、新築住宅については、平成16年10月1日からすでに設置が義務付けられていますが、平成22年4月1日からは、既存の住宅についても設置が義務付けられます。それまでに、必ず設置するようお願いします。
 欧米では、すでに設置されており、火災による被害が半分に減少したという実績が出ています。
■住宅用火災警報器とは
 住宅用火災警報器は、熱や煙を感知して警報音などで火災を知らせてくれるものです。
 住宅用火災警報器は、煙式と熱式があります。煙式は煙が火災警報器の中に入ると音が鳴ります。居室や階段などに設置するのに適しています。熱式は、火災警報器の周囲温度が一定の温度に達すると音で知らせます。大量の煙や湯気の出るような台所などに設置するのに適しています。
 高齢者の方や障がいをお持ちの方には、音や光の出る補助警報装置を増設することをお勧めします。
■悪質訪問販売にご注意を
 設置義務化に便乗して、悪質な訪問販売が増えています。消防職員・市職員のふりをして売りにきたという事例が報告されています。
 消防職員・市職員が一般住宅を訪問して防災用品を販売することはありません。おかしいな、と感じたら消防署までご連絡ください。
〔問い合わせ〕狛江消防署 電話(3480)0119