設置目的

 情報公開決定等に対する不服申し立てについて、実施機関(市長、教育委員会等)の諮問を受けて審議する機関として設置しています。

委員構成

 学識経験者2人および市民委員3人の計5人(狛江市個人情報保護審査会との兼務)

活動内容

 狛江市情報公開条例では、公正で開かれた市政の推進を目指し、市の保有している情報をすべて公開することを基本原則としています。しかし、情報の中には公開することによって、個人のプライバシーや企業・団体等の法人の利益を侵害することになるもの、市政運営に著しい支障を生じさせるものもあり、非公開とせざるを得ない情報もあります。
 このような情報に対する非公開決定等について、公開請求者に不服があるときは、行政不服審査法に基づき、不服申し立てができます。また、公開決定に対して、利害関係を有する者が、不服申し立てを行うこともできます。
 不服申し立てがあった場合に決定をした市が重ねて判断をすることは、公平性・客観性の点で問題を発生させるおそれがあることから、実施機関には、第三者機関である審査会に諮問することが義務付けられています。
 実施機関は、審査会の答申を尊重し、不服申し立てに対する決定または裁決を行います。
 平成17年度は208件の情報公開請求がありましたが、不服申し立てはありませんでした。
〔問い合わせ〕情報課