毎年8月は「道路ふれあい月間」、8月10日は「道の日」です。

 これは大正9年8月10日に日本で最初の長期道路整備計画である「第1次道路改良計画」がスタートしたことにちなんで、昭和61年度から制定されました。
 この機会に、もう一度身近な道路の重要性について考えてみましょう。
道路はみんなのものです。正しく使いましょう 違法駐車、放置自転車、歩道への商品のせり出しや自動販売機のはみ出しなどは、本来もっと広いはずの道路が狭くなり、交通事故や交通渋滞の原因や、消防や救急車両の通行の障害になります。
 市でも、見回りを行い管理に気を配っていますが、道路を安全で快適なものにするために、皆さんのご協力をお願いします。
 また、私有地内の樹木の枝が道路にはみ出していると、カーブミラー、道路規制標識などが見えなくなり、交通事故が発生する恐れがあります。樹木の枝が道路にはみ出さないようにせん定をお願いします。
 道路は、私たちみんなの共有の財産です。日ごろ何気なく利用している「道路」に目を向け、いつも安全で快適なものにしていくために、皆さんのご理解とご協力をお願いします。
 市は日ごろから道路パトロールを行い、安全で快適な道路の維持管理に努めています。道路陥没、ガードレールやカーブミラーなどの損傷を発見したときは、直ちに管理課までご連絡ください。
 また、街路灯が故障している場合は、電柱についている管理番号をお知らせください。
〔問い合わせ〕管理課