旧制度との違い

 以前は、管理委託制度により、公の施設の管理運営を外部にゆだねていましたが、指定管理者制度になり柔軟な管理運営が可能となりました。公の施設は住民の負託を受けて設置されるため、公平な管理運営が行われるように、指定の際には議会の議決を要することや、基本事項を条例で定めておくなど、住民の意思が反映できるような仕組みになっています。
〔問い合わせ〕企画経営室

 管理委託制度指定管理者制度
法的性格委託契約(地方公共団体の管理権限の下で業務を行う)行政処分(管理権限が委任され管理運営を代行する)
管理運営をゆだねられる団体公共団体、公共的団体、地方公共団体が出資する一定の法人のいずれか法人その他の団体
※法人格は必ずしも必要でない
※個人は不可
選定方法地方自治法に定める契約手続きによる条例で定める
団体指定にあたっての議会の議決不要必要(指定管理者の指定、指定期間)
期間契約で定める(年度更新)協定で定める(複数年可)
行政処分できない(地方公共団体が行う)できる(使用許可など)
業務内容契約で定める条例と協定で定める