「特定疾病療養受療証」をお持ちの70歳未満の方の1カ月の自己負担限度額は、1万円までとされていましたが、「人工透析を必要とする慢性腎不全」で上位所得者(基礎控除後の所得600万円を超える世帯)については、10月1日から自己負担限度額が1万円から2万円に変更になります。
 また、特定疾病療養受療証の様式が一部変わるため、該当する方には9月中に新しい受療証を送付していますので、お手元に届いた方は、今まで使用していた受療証は返却してください。
〔問い合わせ〕保険年金課