本校は、小田急線の南側にある唯一の中学校です。多摩川の清流を学区に抱え、恵まれた自然環境の中で生徒たちは学校生活を送っています。
 今年、開校40年を迎えた本校では、『学習・生活面での基礎・基本の定着』を目標に、日々の教育活動に取り組んでいます。本校における特色ある教育活動の一部を紹介します。
▽数学は少人数授業を、理科と保健体育では複数の教員による授業を取り入れ、個に応じた分かる授業に努めています。また、大学生ボランティアの協力を得て、よりきめ細かな学習活動に取り組んでいます。
▽2・3年生は、国語・数学・英語の基礎学力の定着と学力の向上を図るために、3教科に重点をおいた選択教科を設けています。
▽市内の中学校では唯一「通級学級」を併設し、専門的な知識や経験豊富な教員を中心に、個別学習や小集団学習を通して個別に援助が必要と思われる生徒の指導を行っています。
▽体育祭や合唱コンクールなど、生徒の手による行事(実行委員会形式)の運営により、生徒一人ひとりに成就感や達成感を体験させ、豊かな心の育成に努めています。
 本年度、本校では狛江市教育委員会研究奨励校として、「特別支援教育の推進と充実」をテーマに研究に取り組み、2月8日(木)には研究発表会を行います。

〔問い合わせ〕指導室