交通災害共済は、都内39市町村の住民が会費を出し合い、交通事故にあったとき、見舞金を受けられる助け合いの制度です。
 新年度分(4月1日共済開始)の申し込みを受け付けます。
〔コース・会費〕
▽Aコース 年額1,000円
▽Bコース 年額500円
※1人1口に限ります。
〔申込方法〕「加入申込書」に会費を添えてお近くの金融機関(郵便局を除く)で申し込みください。
〔加入できる方〕市内在住で、住民登録・外国人登録のある方※小・中学生、消防団員は市の費用で、Bコースに加入します(Aコース希望の方は、自費でBコースに加入すればAコースになります)。
〔共済期間〕4月1日~平成20年3月31日
※年度途中に加入した場合は、申し込みの翌日からとなります。
〔見舞金対象事故〕日本国内で発生した交通事故で、次の交通機関等で身体に傷を受けた場合(自転車・バイク・自動車・電車・汽車・モノレール・船舶・航空機・身体障がい者用の車椅子等)
〔見舞金の額〕下表のとおり
〔交通遺児年金〕義務教育終了前の遺児の方には遺児年金が支給されます。
※申込書は2月中に各戸に配布予定です。市内の金融機関(郵便局を除く)にも配布しますのでご利用ください。
〔問い合わせ〕管理課

■共済見舞金

等級

交通災害の程度

見舞金額

Aコース
(会費1,000円)

Bコース
(会費500円)

1等級 死亡(交通災害を受けた日から1年以内)    300万円    150万円
2等級 重度の後遺障害(交通災害を受けた日から1年以内)    200万円    100万円
3等級 入院日数90日以上の傷害     45万円     30万円
4等級 入院日数60日以上の傷害     30万円     20万円
5等級 入院日数30日以上または実治療日数100日以上の傷害     22万円     15万円
6等級 入院日数20日以上または実治療日数50日以上の傷害     15万円     10万円
7等級 入院日数10日以上または実治療日数25日以上の傷害     12万円      8万円
8等級 実治療日数10日以上の傷害      8万円      5万円
9等級 実治療日数5日以上の傷害      5万円      3万円
10等級 実治療日数5日未満の傷害      3万円      2万円

※重度の後遺障害とは、身体障害者福祉法施行規則別表第5号に掲げる1級から3級までの障害に該当するに至ったときをいいます。
※Aコースの3~10等級の見舞金額は、Bコースの2倍の金額になっていませんので、ご注意ください。