国民年金には、月々の定額の保険料に400円(付加保険料)を加えて納付することで、老齢基礎年金に上乗せして給付を受けられる付加年金があります。
 付加年金の受給額は、200円×付加保険料納付月数として計算されますので、例えば、10カ月付加保険料を納付すると、年額2,000円(200円×10カ月)が付加年金として支給されます。
 付加年金は、国民年金第1号被保険者(保険料の免除を受けている方および国民年金基金加入者を除く)のみ、申し込みができます。
 なお、付加保険料は、申し込みをした月分からの納付となりますので、希望する方は、早めに健康支援課保険年金係で手続きをしてください。
〔問い合わせ〕府中社会保険事務所 電話042(361)1011