あの中越地震で設置した災害対策本部は、3月31日をもって解散いたしました。
  これまでのご支援に深く感謝いたします。
  さて、川口町もようやく桜が満開となりました。桜の開花とともに農作業も始まり、いよいよ川口町産魚沼こしひかりも作付けを待つばかりです。
 当町では、昨年度に引き続き川口町観光協会と農業生産法人グループファーム武道窪が中心となり、狛江市民限定で棚田オーナー事業を実施します。
 これに合わせ棚田オーナー限定で、5月24日(土)・25日(日)に「“春が満載”田植ツアー」を開催します。田植だけではなく、山菜取り、マコモ植付け体験、取れたての山菜を使った田舎料理や地酒で、当町の春を満喫していただくことができます。詳細は、狛江市役所地域活性課市民活動推進係の窓口などに設置したチラシ等をご覧ください。
 また、4月20日(日)には、川口町荒谷地区で「はぁーとふる荒谷塾山菜取りツアー」が開催され、狛江市の方々も多数ご参加いただきました。
 この2つのツアーは昨年から始まったものですが、どちらも体験メニューとしての評価も高く、春ならではの山菜料理を堪能できる人気ツアーです。
 これからも、ふるさと友好都市ならではのツアーを実施・継続し、狛江市民と川口町民が交流できる機会の増加と、さらなる交流の充実に努めていきます。
〔問い合わせ〕川口町産業振興課 電話0258(89)3113