野川

 多摩川とともに狛江の「水」の中心を成す野川。暖かい季節になると、水遊びをしている子どもたちの姿も見られるなど憩いの場所になっています。
 景観に配慮した緑化ブロック等による整備もされており、四季を感じることのできる川として多くの方に親しまれています。「いいところ」については、次のコメントをいただきました。
 「僕の家の近くの野川には魚がたくさんいます。僕はそこでメダカやエビ、ザリガニ、フナを取るのが得意です。いつまでも野川がきれいなままであってほしいです。」「谷戸橋東岸遊歩道より野川上流方向、狛江ハイタウンの影を映す野川。生活排水が流れ込まなくなって、野川は清流と言えるほどきれいになりました。子どもたちが水遊びをする楽しい歓声も聞こえます。運が良いとカワセミが小魚をとる姿を見ることができます。また、小足立橋から流れをのぞくと、亀さんが何匹も水面で泳いでくる光景を見かけます。白サギ、青サギ、カルガモの群れ、川鵜。この自然を守っていきたいですね。」
 安らぎの空間となる川、そこは自然の宝庫です。単に緑豊かな景観だけではなく、多様な動植物の生態系が維持されていることは高く評価でき、今後もこの環境を守っていきたいという思いを込めて選定しました。
 緑を感じることのできる野川沿いは、散歩コースとしても最適です。
〔問い合わせ〕都市整備課企画計画係