生後91日以上の犬の飼い主は、狂犬病予防法により、犬の登録、狂犬病予防注射および狂犬病予防注射済票の交付を受けることが義務付けられています。
 いずれも飼い始めてから(生後90日以内の犬を飼い始めた場合には、その犬が生後90日を経過した日から)30日以内に行ってください。

飼い犬の登録

 飼い犬の登録は、犬の一生に一度で、市民課で手続きをしてください。登録手数料は、新規交付1頭3,000円、再交付1頭1,600円です。
 登録をすると「鑑札」を交付しますので、必ず犬の首輪につけてください。犬の迷子札としての役目も果たします。
 まだ登録がお済みでない方、市内に転入してから変更の届け出をしていない方は、市民課で手続きをしてください。

狂犬病予防注射(毎年1回)

 毎年1回、4月1日から6月30日までの間に受けてください。
 注射は、4月に実施する市内集合注射会場もしくは、動物病院で接種をしてください。
 なお、登録が済んでいる場合は、3月に集合注射のお知らせを送付しています。

狂犬病予防注射済票の申請

 動物病院で接種をしたときは注射済証明書をもらい、市民課で注射済票の交付を受けてください(手数料550円)。
 注射済票は、鑑札とともに犬の首輪につけてください。万が一、人にかみついたときも、すぐに確認ができます。

市外転出

 転入先の役所に、鑑札を添えて変更の届け出を行い、新しい鑑札の交付を受けてください。

犬の死亡・市内転居・所有者の変更

 市民課または健康支援課健康推進係(あいとぴあセンター)へ、30日以内に届け出をしてください。

犬のしつけ・飼い方相談

 東京都動物愛護推進員が、犬を飼う前の相談、飼ってからのしつけ方の相談などに応じます(予約制。月1回)。

迷い犬探せます

 東京都動物愛護相談センターでは、保護・収容している飼い主不明の動物をホームページ(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/douso/)で公開しています。

〔問い合わせ〕健康支援課健康推進係 電話(3488)1181