4月に「個人情報の保護に関する基本方針」が一部変更され、また5月に「個人情報の保護に関する法律施行令」が一部改正されました。
 これは、個人情報を理由に提供や開示を過度に控えるいわゆる「過剰反応」の解消に向けた啓発運動や消費者利益の保護のための活動を積極的に推進し、また、個人情報取扱事業者の範囲について適正化を図るものです。
 個人情報は、保護と利用のバランスが大切です。自身の個人情報を自分で守る意識を持ち、むやみに提供しないようにすること、また、事業活動や団体などで個人情報を利用する場合には、法の趣旨を理解した上で、適正に取り扱うことが必要です。
 市では、個人情報保護条例の適切な解釈・運用を一層徹底していくとともに、個人情報の適正な取り扱いのために必要な助言や情報の提供に取り組んでいます。

個人情報に関する相談窓口

▽市役所へのご相談は
市の個人情報保護制度については政策室企画法制担当
個人情報が不正に利用された、団体で名簿を作りたい等でお困りのときは消費生活相談(毎週月~金曜日、午前10時~正午・午後1時~3時)

▽東京都へのご相談は
東京都生活文化スポーツ局情報公開課 電話(5388)3160
東京都消費生活総合センター 新宿区神楽河岸1-1セントラルプラザ 電話(3235)1155