私が甘いお菓子を食べていると聞いたら、知っている人は大変驚くと思います。コーヒーや紅茶は無糖で、甘い料理や食品は口にしないし、人がチョコやあんこを食べているのを見ても胸がやけるほどの、生粋の辛党人間だからです。
 市では、10月末まで、狛江「スイーツ逸品」コンテストを実施しています。市民と商店との結び付きを深めようと企画されたもので、その第1弾です。参加した11店で、「こまえ」をテーマにケーキや菓子パンづくりを競ってもらい、市民がスタンプラリー方式で食べ比べ投票し、11月の市民まつり会場で最優秀作品が発表されます。
 全店でスイーツを購入した人や抽選で当たった方には、参加店で通用するスイーツ券がもらえる仕組みで、キャッチフレーズは「甘~い こまえを 召し上がれ」です。私はこの言葉だけで気後れしましたが、コンテストを盛り上げるのは市長の仕事だと、職員から半ば強制的に参加させられました。
 でも、いくつか食してみると、職人さんの意欲や工夫が感じられ、これだけ参加店が頑張っているのなら、甘い辛いの好みを超えて成功させ、商業振興第2弾につなげることが大切だと実感しました。全店制覇を宣言します。問い合わせ先は市役所地域活性課です。皆さんもご一緒に「甘~いこまえ」を召し上がりませんか?
狛江市長 矢野ゆたか