老齢基礎年金は、原則65歳からの支給となっていますが、60歳から65歳未満の間で希望する時から受給する繰り上げ請求や、66歳に達した日以後の希望した時から受給する繰り下げの申し出で、受給を開始する時期を選択できます。
 繰り上げ(繰り下げ)て受給した場合、受け始める時点に応じて一定の割合で減額(増額)された年金を生涯受けることになります。
 昭和16年4月1日以前に生まれた方は年単位の減額(増額)、昭和16年4月2日以後に生まれた方は月単位の減額(増額)になります。
 繰り上げ・繰り下げは一度手続きをすると、取り消すことができませんので十分ご注意ください。
 なお、繰り上げの裁定請求書を受理した後は、事後重症などによる障害基礎(厚生)年金の請求や寡婦年金の受給、遺族年金との併給等ができません。
 また、繰り下げについては、条件により申し出ができない場合があります。
〔問い合わせ〕府中社会保険事務所 電話042(361)1011