姑宅に見慣れぬ段ボール箱があるので尋ねたら、新聞チラシにあった「オープン記念、無添加食パン100円」を買おうと出かけた店で買わされた健康食品であることが分かった。飲んだところ発疹が出てきたのでやめた。高額でもあり解約して返金してほしいと言っている。
 この商法は、SF(催眠)商法、餌付け商法とも言われ、安価で商品を売ると宣伝し、集めた会場で巧みな話術で気分を高揚させ催眠状態にかかったようにして、最終的に高額な寝具や健康器具、健康食品を売りつけるという、高齢者に被害の多い商法です。
 本人から話を伺ったところ、日替わりで食品や日用品を安く買うことができ、健康の話も楽しく聞けるので日課のように通っていたそうです。店の人とも仲良くなったころ、関節痛を完治する健康食品だと強く勧められ、特別に半額で良いからとも言われ、断りきれなかったとのことでした。
 SF商法は訪問販売に該当しますので、契約書を受け取ってから8日間以内ならクーリング・オフ(無条件解約)が可能です。しかし、この事例は、1カ月過ぎていましたので、高齢者への勧誘の違法性、過量販売や、健康食品の薬効表示は薬事法に触れることなど、業者と折衝し、全額返金となりました。
 見知らぬ業者の甘い言葉には何か裏がある、と考えましょう!また、被害防止のためにも、家族間で注意し合いましょう!
 心配なことがあれば、消費生活相談コーナーへ。
〔問い合わせ〕地域活性課地域振興係