土地・家屋以外で事業(工場・事務所・店舗・アパート・駐車場等)の用に供することができる償却資産の所有者は、毎年1月1日現在所有する償却資産を法人・個人を問わず申告することになっています。
 初めて申告する方は、申告用紙を送付しますのでご連絡ください。
▽償却資産とは
 工場や商店・アパート等を経営している方が所有する事業用資産で、法人税または所得税で減価償却の対象となる資産です。

■償却資産の例示

資産の種類 課税客体
構築物 門、塀、舗装路面、煙突、ネオン、内装、外装、庭園、そのほか土地に定着する土木設備等
機械および装置 旋盤、ボール盤、プレス機、モーター、ポンプ、科学機械、コンベアー、医療機械、そのほか物品の製造・加工等に使用する機械および装置等
船舶 ボート、釣り船、貨物船等
航空機 飛行機、ヘリコプター、グライダー等
車両および運搬具 フォークリフト、構内運搬車、自転車、大型特殊自動車、ロードローラー、ブルドーザー、パワーショベル、タイヤローラー等(ただし、自動車税・軽自動車税が課税されるものは除く)
工具・器具および備品 机、椅子、計算機、測定工具、検定工具、応接セット、陳列ケース、ロッカー、医療用機器、理容・美容機器、金庫、タイプライター、自動販売機、冷蔵庫、テレビ、クーラー、そのほか各種工具および備品等
アパートや駐車場等を経営されている場合、土地・家屋以外の資産(エアコン、外溝、塀、アスファルト舗装、砂利敷、フェンス等)は、償却資産に該当します。

〔提出先・問い合わせ〕2月2日(月)までに課税課へ。