4月から10月にかけて「庭のツバキやサザンカの木に、毛虫が大量に発生し困っている」という相談が寄せられます。特に多いのはチャドクガの幼虫です。
〔毒針の毛に注意〕チャドクガは毒ガの一種で、卵・幼虫・サナギ・成虫と常に毒針の毛を持ち、触れると激しいかゆみと腫れが生じます。死んだ虫、抜け殻、風で散った毛にも毒があります。
〔被害にあったら〕こすったりいたりすると、かゆみは更にひどくなります。セロハンテープで毛虫が触れた周辺をそっと斜めに押さえて毛を取り除き、よく泡立てた石けんを付け強い流水やシャワーで洗い流しましょう。炎症がひどいときや範囲が広い場合は早めに皮膚科で診てもらいましょう。
〔駆除は早めに〕駆除は、木の所有者が実施することになります。ツバキやサザンカを植えている方は、卵を探して除去したり、幼虫のまだ小さいうちに葉を切り取って駆除したりすることが効果的です。
〔防除方法〕幼虫期には1枚の葉に群生しているので、枝ごと幼虫にビニール袋を被せて切り取り、焼くか、土中に埋めます。毛に触れないよう注意してください。
幼虫が大量に発生したり分散した場合は、薬剤散布によって駆除します。その際は近隣へ事前に知らせたり、適正な薬剤の使用等を心掛けてください。
〔問い合わせ〕環境政策課環境係